×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






 一通の封筒を手渡され、彼女はかるく首を傾げた。

「どうかしたのか?」

 送り主である彼もまた、軽く首をかしげ、彼女の反応を見ている。

「……何ですか? コレ」
「見ての通りだが」
「わからないから聞いているんです」
「では、逆に聞こう。今日は何月何日だ?」
「……何処かでしたような押し問答ですね……」
「あぁ。立場は逆だがな」
「三月十四日……お返しが、コレですか?」
「そうだ」
「破っていいですか?」
「封を破ると言う意味でならな」
「真っ二つにです」
「…………それはもう、ぬしの物だ。好きにしろ」

 では、と言うと、彼女はニッコリと微笑んで、彼の目の前で封筒を真っ二つに裂いた。
 ビリビリといい音を立てて、彼の贈り物は無残に破られる。
 二つに分かれたそれを、彼女は更に重ねると、再び二つに破る。
 一枚が二枚に、二枚が四枚に、四枚が八枚に……
 がまの油売りがごとく丁寧に丁寧に破っていく彼女の細い指を、彼はボンヤリと眺めていた。
 最期に、それらをくしゃくしゃと手の中へと全てしまいこむと、彼女は再びニコリと笑った。

「私の苦労の結晶のお返しは、この程度だったのですか?」
「……悪かったな。しかし、中身も見ていないぬしに言われたくは……」
「…………あぁ、コレ、今話題の映画ですね…………」

 パッと開けた、彼女の手の上には、多少くしゃついているが無傷の封筒と、彼が封筒の中に入れていた映画のチケットが二枚。

「…………ぬしは、いつから手品師になった?」
「なってませんよ。ただ、昨日の晩、テレビでこういう手品の特集を、弟が観ていたんです」

 試しにと思ってやってみたんですが……意外とできるものですね。
 彼女はそう言うと、緩く微笑んだ。
 普通は出来ないぞというツッコミを飲み込んで、彼は「そうか」とだけ言うにとどめる。
 彼女の天才性は、今に始まったことではない。

「で、これだけなので?」
「……あぁ」
「何故二枚?」
「映画を一人で観に行っても詰まらんだろう。弟なり、友人なり、誘え」
「そうですね……では、今日の放課後、行きましょうか」

 彼女はポケットの中に封筒とチケットを一枚、しまうと、残った一枚を彼に差し出した。

「…………何のつもりだ?」
「見てのとおり、彼氏を映画に誘っているのですが?」
「……お返しを貰ったら、ぬしは私の女ではなくなると聞いていたのだが」
「何を言ってるんです? 私は来月の十四日まで、つまり、今日まではあなたの女でいて差し上げると言ったのですが?」
「…………」
「あ、もちろん、チケット代は頂きます。飲食代も、あなた持ち。よもや割り勘なんて、卑怯な真似、しませんよね?」
「………………」
「最後のデートです。楽しみましょうね」
「……………………そうだな」

 彼は諦めたように息を吐き、彼女が差し出すチケットと共に彼女の手をとった。

「今日一日、せいぜい楽しませてやろう」
「期待しています」

 どうせですから、学校、サボっちゃいます?
 そう問うてくる彼女に、真面目な彼は珍しく何も言わずに帰り支度を始める。
 そんな彼の様子を、彼女はクスクスと楽しそうに見ていた。







 
 どうせだからホワイトデーも書いてみた。
 もう一週間近く過ぎてるってツッコミは甘んじて受け入れるぜ!(泣
 やはり七蟷好きだ……書いてて楽しいです……