×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






キィボォドを叩く指が、ふと止まったとき


進めていた筆が、ぱたと止まったとき


はた、と独りになったとき



己の中身がカラッポになったような

そんな心地に、そんな境地に、わたしは堕ちる



この肉体の中には、血潮しかなく

その中に、「わたし」だけがゆらゆらとたゆたっている


上も無く下も無く

ただただただただ揺れ動く血潮の中を

「わたし」は当ても無く、たゆたっているのです



血潮の奥のそのまた奥には、たくさんのモノが沈んでいる


気まぐれに浮かんできたそれらを捕まえ、私の指は、筆は、動く



しかと、この手に捕まえられるモノ

手に入れたと思ったと同時に、再び沈んでしまうもの

浮かんでくる気配すら、ないもの



それらを思うとき、わたしはふとした拍子に、妙な心地に堕ちてゆく





嗚呼、わたしには、本当のところ表現したいモノなど


この手を動かし、この筆を動かし、作り上げたいモノなど


実のところ何も無いのではないか




…と…